酒と音楽の日々(旧:打楽器)

家庭よりも酒と音楽を選んだ会社員の覚え書き。 ベースはおもしろい。打楽器はおもしろい。酒は要注意。

GOLDEN KAAN

GOLDEN KAAN

golden_kaan_1.png

南アフリカの、ピノタージュという品種のぶどうを使ったものだそうです。
ちょいと酸味がきつめだけど、この価格(under 1K ywn)ではイイカンジのミディアムボディのワインでした。

ラベルがいいでしょ。
golden_kaan_2.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nazo.blog2.fc2.com/tb.php/181-b957850d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タンディ・ピノ・ノワール 2002

相変わらずの過剰な前口上いいかげんにしろといいたくなります。ブルピノとはまったく別物ながら、ワイン自体は上質です。ほのかな樽香+ピノ特有の香りを十分堪能しました。やや果実味強いですが、ほのかな酸味ときれいに溶け込んだタンニンでスイスイ飲めます。ブルのよう

  • 2007/09/08(土) 19:07:09 |
  • ワインの極意

FC2Ad