酒と音楽の日々(旧:打楽器)

家庭よりも酒と音楽を選んだ会社員の覚え書き。 ベースはおもしろい。打楽器はおもしろい。酒は要注意。

New COW BELLS

dw 系列のブランドだと思うのですが。
Gon Bopsというブランド。

すげえ、紅いカウベル、ウツクシイ!!
GonBops.png

左から、ハンドヘルドのボンゴベル、チャチャベル、マンボベル、ボンゴベル(mounted)、です。
ボンゴベルは、サイズは JCR の LOW PITCH に近いのですが、サウンドは HIGH PICH に近いです。結構高い音が鳴ります。

そのほかもピッチは全体的に高めです。Pearl とか、Sonorとか、同じサイズでもピッチは高いです。

2009.06.27 追記
Gon Bops って、昔のメーカーだそうです。
dw 傘下で復刻版、ということでしょうかね。
スポンサーサイト

Seoul - 楽器編

さあ。いよいよ、楽器編です。
韓国の楽器???よくわかりません。
とにかく、行ってみましょ~!

はい、新設洞のすぐそば(違ったらご指摘を>誰とはなく)、楽器センター?といったところ。
ヤマハとイシバシとイケベとキーとサウンドライクと・・・が一つに集まってるとイメージしてもらえればいいかな。あるいは、お茶の水の楽器店が一つのビルに収まったというか。

建屋の外観。なんて書いてあるのかわかりませんが、このビルの2~3Fが楽器店街です。
seoul_mise.png

右を向いても楽器店だらけ、
seoul_mise1.png

左を向いても楽器店だらけ。
seoul_mise2.png

PA専門店とか、ギタア専門店とか、ピアノ専門店とか、打楽器専門店とか、フルート専門店とか、そんなカンジで、イロイロ、色々でした。
Perc. 系に関しては、アジア系のメーカーが主流で、イチバン目にしたのがマイネルでした。一方、Perl や LPって、マイナーなのかなぁ(扱ってる数から言えば、ですが)、といった印象。

でもって、韓国ライクな且つ安めのパーカッションということで、これ(↓)をチョイス。
seoul_dora.png
名前はわかりません(どなたか教えてくださいませ)、4万ウォン。

Seoul - 食事編

東大門にほど近い、焼き魚横町。あちらこちらで、朝から炭火で魚焼いてます。
seoul_yakizakana.png
で、肉を焼いていた店があり、香ばしいのでつい入店。下がメニューですが、もちろん読めませんし、言葉も(日本語/英語/たぶんスペイン語も)通じません。まあ目的は店先で焼いていた肉だったので、身振り手振りで「あれが食いたい!」と。
seoul_menu.png
じゃじゃん。こんな(↓)感じ。店主とおぼしきおっちゃんが、食べ方を、やはり身振り手振りで教えてくれました。1)サンチュを取って、2)肉をタレにたっぷり付けて載せ、3)生ニンニクor青唐辛子を好みで載せ、4)ご飯を載せて、5)いただきます。
souel_breakfast.png
最初はタレをチョイチョイとしかつけなかったり、余計なものを載せたりしてたら…
ワタクシがサンチュを手に載せたところで、おっちゃんは箸を取って「タレはこうつけるんだ!」「載せるものはこれとこれだ!」「よし、これで食ってみろ!」・・・いや多分そう言ってたんじゃないかなと・・・てな感じでご指導を受けました(汗)二人前でW10,000(750円くらい)。安い。

あとは・・・清涼里に泊まったんだけど、夜の屋台で売っている焼き鳥(でかい!W1000)とか、揚げモチみたいなもんとか、コンビニのとりから棒(甘辛のタレが付く)みたいなもんとか、いろいろウマイ!おでんの屋台もあったが今回は入らず。

それから、明洞の日本人向け焼き肉屋は味がフツーでベラボーに高かった(涙)。焼き魚横町で定食が10回食える・・・


今回もおまけ
焼き魚横町を抜けると、厨房器具を売ってる店がたくさんあります。そこで目に付いたのがこれ。おや~、鯛焼きの焼き型ではないか。韓国人も鯛焼き食べるの?
seoul_taiyaki.png

白いタイヤキ

本日開店!
尾長屋川崎大師店の白いタイヤキ。左がカスタード、右がアンコ。
もちもちっとした食感。モチ粉でもはいってるのかなあ。
昨日開店準備で試食させてもらったので宣伝。
taiyaki.jpg

FC2Ad