酒と音楽の日々(旧:打楽器)

家庭よりも酒と音楽を選んだ会社員の覚え書き。 ベースはおもしろい。打楽器はおもしろい。酒は要注意。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

POWER AMP: YAMAHA XM4180

パワーアンプを購入しました。
YAMAHA XM4180です。(あ、ボケてる…)
XM4180.png


まずはAVアンプのプリアウトからD.I.経由で家のスピーカーを鳴らしてます。
ゆくゆくはライヴ時のPA補助か、ベースアンプのパワーアンプとしていこうと思ってます(いつのことやら??)
スポンサーサイト

KORG M1 バッテリ交換

もう何年も前に友人から譲っていただいた、往年の名機、KORG M1
少し以前から、Battery Low の表示が。

さて、修理依頼かなと思ったのですが、まずは検索です。世の中便利で、電池交換の方法もネットで拾えました。電池はどこでも手に入るCR-2032というボタン電池だということがわかったので、セルフメンテを決意しました。電池交換については ここ を参照させていただきました。

そして、電池交換。で、ファクトリー・プリセットをフロッピーから・・・あれ?M1を譲っていただいた時に、ファクトリー・プリセットをRoland MC-50でFDに落としたはずなんだけどなあ。見つかりません(汗)。

ま、あせらずネット検索です。ここによると、 KORG-UKのサポートサイトに、ファクトリー・プリセットが転がってるんだって。 さっそくダウンロードしました。MIDファイルとSYX(MIDI System Exclusive)ファイルがダウンロードできます。まずMIDファイルをPCで再生してみました。だめ。

次に、SYXを送れるフリーソフトを検索、MIDI-OXがあることがわかったので、これダウンロード、インストールしました。Options-MIDI Devices...からポートを設定、SYXファイルをdrug&dropで持って行き、Command WindowメニューからからSend SysEXでOKでした!無事復活です!

書けば簡単だなあ。MC-50が役に立たず右往左往してみたり、PCからMIDIアウトするためにEDIROLの変換機を持ってきてドライバインストールしてみたり、M1でエクスクルーシブ受信する際はGLOBALのMIDI DATA DUMP画面になっていないといけない、など結構たいへんでした。

復活!VAIO 505

2002年に中古で購入した SONY VAIO PCG-R505VJ/K。
去年ハードディスクが死んで、もう捨てようかなあ・・・なんて思ってました。

が、気が変わって生き返らせることにしました。

ハードディスクは 30GB -> 80GB へ換装、メモリは 128MB -> 384MB へ増設。
Win2Kなので、今後サポートされないソフトもあるだろうけど、まあいいか。

結構さくさく動いて、快適。

米国ラテン音楽ディスク・ガイド

こちらも情報が遅くなりました・・・

リットーミュージックより、 米国ラテン音楽ディスク・ガイド50’s-80’s LATIN DANCE MANIA が発売されています。

「50~80年代米国産ラテン・ミュージックの名盤・珍盤・レア盤をオールカラーで掲載!」(オビより)なんです。ラテン音楽に精通した方も、初心者の方も、ぜひ一度目を通していただきたい。


訃報: Israel "Cachao" Lopez

いつも遅くてすみません。

去る3月22日、ラテン・ベーシストの第一人者、Cachaoが亡くなりました。
キューバ人の大物が続けていなくなり、淋しい限りです。

晩年のCachaoは、CALLE54で見ることができます。Bebo Valdez と二人でやってるのが印象的です。

合掌。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。