酒と音楽の日々(旧:打楽器)

家庭よりも酒と音楽を選んだ会社員の覚え書き。 ベースはおもしろい。打楽器はおもしろい。酒は要注意。

ワタクシの70%は信念だった(笑)

成分分析 on WEBによると・・・

謎の70%は信念で出来ています
謎の9%は柳の樹皮で出来ています
謎の9%はお菓子で出来ています
謎の7%は成功の鍵で出来ています
謎の5%は濃硫酸で出来ています

ワタクシは、すごいものでできていたんですねぇ。濃硫酸でお菓子が溶けそうですが・・・柳の樹皮ってなんだよ(笑)
スポンサーサイト

子犬の・・・

実家に子犬がきました。説明するより、写真見て~!!
chan-kun1.jpg
chan-kun2.jpg
chan-kun3.jpg

GWのBEER

SUNTORYプレミアムモルツ


2番目に好きなビールです。あんまり好きなモンで、2日間で1ケースが腹のもくずと消え去りました・・・ちょっと反省。

Jazz Latino 4

今日届きました。
Jazz Latino 4
JazzLatino4

Ralph Mercado (RMMレコードの親玉)が Exective Producer を務める、コンピアルバム・・・と言ったらいいのかな。アルバム1枚ごとに、2人の大物アーティストの曲をブッキングしています。
で、この#4は、マンボキング Tito Puente と、コンガの名手 Giovanni Hidalgo 。

アルバム自体は新曲等が入ってるわけではないので、内容についてはここにまかせるとして、どうやって届いたかについて書きますね。
【“Jazz Latino 4”の続きを読む】

んーーーー、残念!

先日お知らせしたように、旭ジャズまつりのテープ審査を通過し、ライヴ審査が行われました。

結果は、残念…でした。

演奏の様子です。
Bongo+Timbales
ボンゴとティンバレス

Key+Bass+Conga
キーボードとベースとコンガ

Bongo
ワタクシ(^^)
【“んーーーー、残念!”の続きを読む】

Rhapsody in Blue

Michel Camiloの新作、Rhapsody in Blueです。タイトルでおわかりになる方もいらっしゃると思いますが、George Gershwin の代表曲と言ってもいいかも知れません。ピアノ協奏曲というか、ジャズ的シンフォニーというか。
rhapsody_in_blue
Camilo は、ビッグバンド向けのアレンジなんかもしてるのですが、このあたりの影響を多分に受けているのでしょうね。

夏頃には、SPAIN 2(?)も出るようなので、大いに期待です。

安曇野ワイン

安曇野ワインの『内膳(ないぜん)』。
内膳12
信州のカヤッカー御用達(?)、このワインを最初に飲んだのは、『犀川』にカヤックで川下りに行ったときだっけかな。
しばらく酒は買わないんじゃなかったっけ? > 自分
こんなに買って、商売でもする気か?? > 自分!

『内膳』とは、大和朝廷の食料調達係をそう呼んだことに由来するとかしないとか。
内膳
カベルネ+メルローの、辛口ワインです。ご賞味あれ。

ベースアンプ

先日、ベースの紹介をしました。今回はベースアンプです。昔Guyatone の BASS60ってのを愛用してました。だけど、プリアンプ部がイカレて、修理に出してもノイズたんまりで、結局廃棄となりました。あと、20Wの同じくGuyaのアンプも持ってました・・・どこいったかな???

さて、今回購入したのは、ベーアンとしてはもちろんですが、キーボードアンプとしても1台置きたかったからです。で、選んだのがこれ。
SWR-LA15+Stingray
SWRLA15、筐体は小さいけれど、これでも100Wアンプなんですよ。しかも安い。15インチスピーカーがどーんと居座っていて、右下にツィーターも付いてます。

操作部はこんなカンジです。LINE OUTとMIX INを使って、エフェクトループにすることも可能です。
LA15

これに、Stingray をぶちこんでみました。・・・Gooooooood!です。なんか、欲しい音そのまま!ってなかんじ。今回はぶっ込みですが、後日エフェクター入れた状態でも鳴らしてみないと。でも、ぶっ込みでこのクオリティなら、きっと問題ないでしょう。強いて言えば、ちょっとノイズが気になるかなあ。マイク録りでゲートかまして・・・問題ないレベルだと思いますが。

Brian Bromberg

今日は、久々にCDショップという所へ行きました。普段ネットで買ったり、ジャズクラブへ行ったついでに買ったり、師匠から直接購入したりしてるので、何年ぶり?という行動です。

Downright-Upright 低音T-shirt

ベースの超人Brian Brombergの新作、『Downright Upright』。JAZZ LIFE誌4月号で、取り上げている(表紙も飾っている)ので、気になって買ってみました。ファンキー・ジャズというんですか?よくわかりませんが、うわああああです。リー・リトナーがフィーチャーされてたり、ハンコックの曲をやっていたり、というくらいしか説明できません、おすすめします。
右は、おまけのTシャツです。ジャケ写に写ってるのと同じものですね(^^)

FC2Ad